NASはインターネットを経由して利用できるネットワーク対応型のハードディスクで、直接パソコンと接続をして利用することも可能ですが、モデムやスイッチングハブにLANケーブルで接続することによりホームネットワークや外部アクセスでハードディスク内のデーターをダウンロードしたりアップロードすることが可能になります。ファイルサーバーとしても優れていて同時に複数の端末からのアクセスも可能です。ファイルの共有と管理をしやすく、プライベートでもビジネスにも幅広く活用できます。

NASに保存できるデータ量は、内蔵されているハードディスクに依存しているので、用途や目的に合わせたストレージを確保することができます。
同一のホームネットワークに複数台の設置が可能なので、使い分けも簡単です。



スマートフォンからもインターネットを経由してコードレスでデーターの受け渡しができるので、モバイルタイプの末端での利用にも優れています。



WEBを利用してアクセスをするので、海外からでもNASを操作することができます。



耐久性にも優れていて壊れにくくなっています。

電源が確保されていて、インターネットに接続ができる環境なら設置スペースの幅もとらず少しの空間に置けます。
使わない時間帯は電源をOFFにしておくことができるので、電気代を節約して利用できます。

NASの設定によってはアクセスが無い時は自動でスタンバイ状態にし、アクセスがあれば自動で立ち上がるように設定ができます。